防犯カメラの選び方 > 防犯カメラの設置場所として適当な場所

防犯カメラの設置場所として適当な場所

防犯カメラを付けると言う事は犯罪抑止・防止をするために必要な機器だと思います。

では防犯カメラを設置する場所として相応しいのはどこでしょうか?それは設置する場所がお店なのか、会社なのか、個人の家なのか、道路なのか、それによって異なると思います。

防犯カメラを一般家庭に設置する場合ですが、家の周りに外壁があるのであれば防犯カメラは必要だと思います。外壁があって中に犯罪者が侵入した場合防犯カメラが無いと本当に危険になります。
また周辺に家が少ない場合、自分が家を留守がちにする場合にも防犯カメラは設置した方が良いと思います。

空き巣や泥棒は自分のテリトリーを持っているみたいで、同じエリア内に出没する可能性が多いにあります。そんな時、自分の近所で空き巣被害が万が一出たら、防犯カメラ等を取り付けて防犯対策をして家族等を守る必要があります。

またコンビニやスーパー等と言った小売店に防犯カメラを設置している店も多いみたいです。こう言った所は万引きが多発しがちですので犯罪防止の為に付けている場合が多いみたいです。

次に飲食店に防犯カメラを付ける場合にはちょっと意図が異なり、厨房からお客さんの状況を把握する為に付ける場合もあるようです。またお客さん同士のトラブルや、従業員とお客さんのトラブルなどあらゆる状況を把握する為にも設置する場合が多い様に感じられます。

場所、目的により付ける箇所が変わってきますので目的を明確にしておく必要があります。

RSSAtom