防犯カメラの選び方 > 防犯カメラの記録方法

防犯カメラの記録方法

防犯カメラには記録機能が付いていて、映像や画像を記録します。今ある防犯カメラの多くはこのタイプだと思います。

また記録は出来ないけど今現在の状態を、モニターを通して見るタイプの物もあります。

下記に色々な映像や画像の記録方法がありますので参考にしてみて下さい。

【HD(ハードディスク)レコーダー】
機械本体のハードディスクを使って記録するので、ビデオテープのような毎日テープを交換すると言う手間を省く事が出来る様になります。

またデジタルに記録していますのでテープが伸びてしまってダメになったなどの劣化が殆ど無い事になります。

このハードディスクを使った記録方法は現在、防犯カメラの主流となっています。

何故なら便利だし、画像も綺麗だしと言う事が挙げられると思います。

【ビデオデッキ】
市販されているビデオテープに記録するタイプの物で、ハードディスクが出始める迄は主流の防犯カメラのタイプでした。

ビデオテープに録画する為に何度も同じテープを使ってしまい、劣化もしてくると画質も衰えてくるようになります。

また、テープが無くなったら入れ替えしなくてはならない為に手間もかかっていた様です。

防犯カメラで記録を撮ると言う方法は上記2つの方法に分かれると思うのですが、その他にも映像ではなく、瞬間を押さえるデジカメみたいな方法の物もあります。

また、どこかに設置するタイプのカメラではなく、携帯出来るようなコンパクトな防犯カメラの場合にはSDカードみたいな媒体に記録すると言う方法もあるみたいです。

RSSAtom