防犯カメラの選び方 > 一般家庭に防犯カメラを取り付ける場合

一般家庭に防犯カメラを取り付ける場合

今の時代、一般家庭においても防犯カメラを付ける家が増えてきている事をご存知でしょうか?
防犯カメラを一般家庭で付ける目的は様々あるとは思うのですが、やはり留守の時の泥棒対策が一番の理由ではないかと考えられます。

泥棒は家に誰もいない時を見計らって入ると言う時代は既に過ぎ、今では家に誰か居たとしても入ってくる泥棒もいるみたいです。ですから家にいるから安心だと言う事は今の時代考えてはいけないと言う事になります。

もし、防犯カメラを一般家庭で取り付ける場合には一目で「防犯カメラ」と分かる様な物を付けると威嚇効果も手伝ってより効果を上げる事が出来るのではないかと思います。
取り付ける場所ですが、玄関や人目にあまり触れない庭や窓あたりに付けるのがお勧めです。
また防犯カメラには映像を記録する機能もありますが、あまり一般家庭では記録する必要は無いと思います。それよりも人が通ったら灯りが点くセンサーがある物を選ぶなど相手を威嚇する必要があると言う事になります。

また玄関でも窓でも取り付け場所が屋外になる場合が多いと思うので出来れば防水タイプの物を購入した方が良いと思います。

また映像を映し、記録する機能が無いダミーカメラでも人感センサーとかが付いて灯りが点いてくれるだけでも十分に威嚇する意味もあるのではないかと思います。これだと低価格で手に入れる事が出来るかもしれませんよ。

あなたの財産や家族を守る為にも防犯カメラを検討してみてはいかがでしょうか。

RSSAtom