防犯カメラの選び方 > 学校に防犯カメラ

学校に防犯カメラ

今、学校に防犯カメラを設置している学校が増えてきている様です。昔から考えると考えられない事ですよね。

子供達にとって安全な場所と言ったら「学校」と言う位昔は学校が安全な場所として認識されていましたが、今の世の中、学校における犯罪も多発してきている事から学校は必ずしも安全な場所では無いと言う事が言えると思います。

数年前に大阪で起きた学校での事件をきっかけにして防犯対策をする様になった学校は急増しています。
例えば登下校の時間以外の校門閉鎖、子供には防犯ブザーを配布する、登下校時には各保護者が付き添うようにするなど、あらゆる防犯対策が講じられています。

しかし、どんなに防犯対策を凝らしても目が行き届かない場所と言う所はある物です。学校と言う場所は敷地が広い為に色んな場所に目が行かない死角が出来てしまいます。そこで何かが起きたとしても誰も分からないと言うのが現実ではないでしょうか?

そこで、職員室等にモニターを置き、防犯カメラを死角に設置して監視する様な対策を行っている学校もある様です。

自治体によっては管轄の学校全てに防犯カメラを設置した所もある様です。だからと言って先生方が常にモニターをチェックしているのかと言うと怪しいのですが、防犯カメラが設置されている事が分かるだけでも犯罪防止になるかもしれませんね。
事件が起こってからでは何もかもが遅いのです。無駄だとか決して思わずに防犯対策に乗り出しましょう。

RSSAtom