防犯カメラの選び方 > 防犯カメラは夜間に必要か?

防犯カメラは夜間に必要か?

防犯カメラを設置していても、空き巣や泥棒に入られるお宅や店等もたくさんあります。そんな話を聞いてしまうと、防犯カメラなんて付けても付けなくても同じじゃないの、同じなら付けなくても良いねなどと思う人も当然たくさんいるでしょう。そう言ったケースの場合、多くは家や店に誰もいなくなってしまう時間帯に防犯カメラを作動させていない事が多いのだそうです。お店の場合、営業中は従業員の監視や客の万引きの監視と監視をする対象がある為に防犯カメラを作動させているのですが、店を閉店させると監視する相手がいないので、コスト削減の為に防犯カメラを止めてしまうみたいなのです。それってよく考えたらおかしい話ですよね。

通常、空き巣や泥棒などは人がいない時間、寝静まった時間に活動する物です。そんな時に防犯カメラが作動していないと全くの無防備になってしまいますよね。ですから防犯カメラは出来るだけ24時間稼働させ、更に記録する様にするのが良いと思います。

防犯カメラによっては、通常は録画をしないで異常を感知した時だけ録画を開始すると言った優れ物もあるみたいです。この様に録画したテープ等は後でどんな時に使う事になるか分かりませんので、出来ればテープの上書き等をしないで保管していく様にする事をお勧めします。そうならない様に再度今ある防犯カメラを確認した方がいいと思いますし、夜間も作動させる様に切り替えた方がいいと思います。

RSSAtom